お給料かんたん診断 ・ご相談はこちら

img_00078_01

ネットで「出稼ぎ 求人」で検索し、求人サイトを通じて出稼ぎへ行く女性は多く、この流れでトラブルあった女性に向けての記事になります。

現地に着いたら事前の勤務条件と違った

出稼ぎ風俗で現地に着いたら不採用になったという女性の割合は、

1度経験している:50%

2度経験している:60%

3度経験している:95%

1度経験している女性は2度そして3度と繰り返すということがデータからわかります。

このようなトラブルが続いてしまうのは、なぜか

答えはずばり、事前のやり取りを怠るところにあります。

女性は、知らないお店に自分の細かい情報を送るのをためらう傾向があります。
少しでもいい条件にしたいから、盛った写メを送ったり、体重をごまかしたり、タトゥーやリスカ跡があることを言わなかったりする。

このようなことをしてしまうと、現地入り後に採用条件が変わってしまったり、せっかく遠いところから出稼ぎに来たのに、最悪不採用になって帰ることになるのです。

出稼ぎ先の「採用」の言葉をあてにしてはいけない

店舗側とはいうと、女性があまり詳しい情報を聞く嫌がるので、あまりしつこく聞くと来てくれなくなってしまう。
このジレンマからあまり詳しく情報を聞くことなく、「採用します」と店舗側は言うのです。

つまり、このような「採用」は来てほしいがための口実にすぎず、信じてはいけません。
店舗側としても、来てもらってから不採用にするのは効率が悪いと思っているはずです。

女性にとってはもちろん無駄足ですし、交通費もバカになりません。

私が思うに、このようなトラブルを回避するための方法は、全店舗でビデオ通話での面接を実施することでしょう。LINEのビデオ通話もそのひとつです。
全店舗でビデオ通話での面接を徹底すれば、それが当たり前になる。
ちょっとした角度などで顔の印象が違って見える写メで判断するほうが非効率ですし、女性のほうも自己判断で写メを送るわけですので、相手への印象が変わることもあるでしょう。

まとめ

  • 事前に伝える情報は盛ったり、隠したりすることなく、ありのままを伝える
  • 風俗店の「採用」は信じてはいけない
  • 動画通話での面接をすればトラブルは減る(もしビデオ通話での面接を拒否されたら信用しない)

上記3つを徹底しておけば、トラブルに続けてあうような女性は軽減されることでしょう。

ただ、全店舗でビデオ通話面接が徹底されることはきっとありません。

なぜなら、ビデオ通話面接を嫌いな女性も多いから。

疑問、質問、お悩み、なんでもご相談ください。不安に思うことがあればお気軽に。

 

ご相談はメールフォームかLINEで受け付けております。(料金は発生しません)下記バナーをタップで追加できます。

contact_line_1

メッセージを送信しない限りこちらからご連絡することはございません。24時間以内にご返信いたします。
ちょっとした疑問でも構いません。また、トラブルになっていることなどお気軽にご相談ください。